離婚虎の穴

知らないと損をする離婚に関する不動産マル秘テク

離婚での不動産に関する財産分与の問題は結婚してから取得した不動産がある夫婦にとっては協議離婚、調停離婚、裁判離婚いずれにしても避けて通れない大きな離婚での争点になります。

 

まず離婚に関する不動産の財産分与について基本的な注意点を書いておきますが

 

 

結婚してから購入した不動産だけが対象である。

遺産相続などでどちらかが得た不動産や結婚前からどちらかが所有していた不動産は対象外。
但しそのローンを結婚後も支払っていればその分については対象となります。

 

 

専業主婦など貴方が無収入で直接的にローンの支払いなどをしていなくても半分の権利がある。

 

 

不動産の名義が夫婦二人の内、どちらであっても財産分与には一切無関係で平等です。

2世帯ローンなどでどちらかの親が共同名義人ならもちろん親にも支払った分の権利があります。

 

あと私の場合ですが住宅購入時の私の親からの援助は夫婦ふたりに上げたものとして扱われました。
これに関しては担当弁護士によって考えが違う可能性がありますからもっと争うべきであったと今では思います。

 

離婚,不動産,不動産分割方法,不動産評価,不動産査定,不動産財産分与

 

実際に離婚経験者である私も、この不動産(私の場合はマンション)の財産分与でどのようにして自分に有利に調停、裁判を進めていくか頭を悩ませた問題でした。

 

現金や有価証券はその価値が明確に金額で確定できるわけですが、家やマンションなどの不動産の価値は評価方法や評価する人、会社によって大きく評価金額に差が出る事があります。

 

という事は離婚の財産分与の金額算定という意味で考えればどちらかがそこに住み続けるにしても、売ってお金に変える場合でも自分に有利な財産分与の対象となる不動産の評価金額を客観的な数字として書面で入手しておく事はとても重要な事であり、離婚における共有財産である不動産の財産分与交渉を有利に進めるには避けて通れないテクニックでもあります。

 

何故ならば実際の離婚ではどちらかがまだその不動産に居住していたり、明け渡しに応じないなどの理由で離婚確定前にその対象不動産が実際に売買され、価格が確定することは稀ですから、現実ではその不動産の評価額を元に離婚の話し合いや離婚調停、離婚裁判が進行していく事が多いですから。

 

ではどうやって私が具体的に私が離婚での不動産の財産分与を有利に進められたかを順を追って説明していきましよう。

 

【1】不動産の評価・査定額を手に入れる方法

 

【2】複数の評価額、査定額がなぜ必要?

 

【3】不動産会社によって評価額・査定額に違う理由

 

【4】複数の不動産査定額を上手に使って離婚に勝つ

 

 

■私が離婚調停で使った不動産一括査定サービス3社■

 

 

【不動産一括査定サービス】スマイスター

 

日本最大級の不動産一括査定サービスで大手上場企業はもちろん地域密着の企業が全国で800社以上登録しているので大都市圏はもちろん地方にも強いのが大きな特徴です。

 

個人情報もプライバシーマークの規定に沿って、しっかり管理されているし、依頼主の物件情報がネットなどに公開されることがないのもお薦めですね。

 

利用者数350万人以上。顧客満足度96%。

 

 

 

 

不動産査定エージェント

 

不動産屋さんをいくつも回るのは骨が折れますが、このサイトでは最大6社の無料一括査定を手に入れる事ができます。
入力時間はわずか1分。
複数の不動産会社から価格が出てきますので、あなたの物件の最高価格はもちろん最低価格も知ることができます。

 

プライバシーマーク取得企業【承認番号:10861207(04)】

 

スマホ用

 

 

 

不動産一括査定サイト「smoola」

 

月間査定依頼数1200件超の大手不動産査定サイト「smoola」

 

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、千葉テレビ、住宅新法、YOMIURI ONLINE、Yahoo!ニュース、週刊住宅、PRESIDENT Online、FLASHなど各種媒体でも紹介されているようです。

 

離婚,不動産,不動産分割方法,不動産評価,不動産査定,不動産財産分与

 

「smoola」の他の不動産一括査定との一番の違いは不動産売却や買い取りの査定だけではなく,手放したくない人向けに賃貸に出した場合の賃料査定も行ってくれる点。(賃貸査定はマンションのみ)

 

離婚して自分一人では住むには広すぎるけれど処分したくないマンションなどは買取査定と賃貸査定の両方わかった方が離婚後の段取りも立てやすくなります

 

パソコンやスマホから最短45秒で三菱UFJ不動産販売・みずほ不動産販売などの信頼できる超大手を始め、全国500社1500店舗の中から最適な不動産会社の査定を最大9社分入手できます

 

【参加不動産会社一例】
三菱UFJ不動産販売・みずほ不動産販売・大京穴吹不動産・大成有楽不動産・センチュリー21・ピタットハウス・HOUSE DO・近鉄不動産他多数500社以上

 

 

 

離婚と不動産記事一覧

【1】不動産の評価・査定額を手に入れる方法

不動産の現在の評価価格を調べる方法の一つとしては不動産鑑定士に依頼するという手段もありますが高額な費用がかかります。各不動産鑑定士事務所によって費用は異なっているようですが30万円〜50万円くらいが相場です。鑑定評価額が 3 億円の場合は鑑定報酬額は約700,000円にもなります。まぁそんな高額な費...

≫続きを読む

 

【2】複数の評価額、査定額がなぜ必要?

ではどうして離婚での財産分与交渉において複数の不動産会社の評価額、査定額が必要なのでしょうか?複数の不動産会社の評価額、査定額をどのように自分に有利に使うのかをもう少し詳しくお話ししていきましょう。複数の不動産会社に不動産の評価、査定を依頼すると言う事はそれぞれの不動産会社で評価金額にもちろん差が出...

≫続きを読む

 

【3】不動産会社によって評価額・査定額に違う理由

夫婦が所有する不動産の査定額が仮に各不動産会社の平均査定価格が5000万円だとした場合A社の査定額は4000万円、B社は5000万円、C社は6000万円・・・などと査定額に大きな差がでるのは簡易査定ではよくある事です。このように大きな査定額の差が出ることが複数社で簡易見積りを取る一番の狙いですし、こ...

≫続きを読む

 

【4】複数の不動産査定額を上手に使って離婚に勝つ

では具体的に私が不動産無料一括見積り・査定で手に入れたデーターをどのように使って離婚の財産分与を有利に交渉を進めたのかを説明します。ここでは例として夫婦の共有財産が現金、有価証券等での共有財産が2000万円財産分与対象の不動産の各不動産会社の査定平均評価額2000万円であった査定された金額の内で最低...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加